2006年07月09日

讃岐うどんの茹で方

お土産用のうどんを販売しはじめた事もあり、更によくお問い合わせいただくので、この場を借りてご家庭での調理方法をご説明したいと思います。

1)大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かします。
2)沸騰させたお湯に、「うたた寝のうどん」をほぐし入れます。
3)湯がお湯の中で常に泳ぐような状態で10分程茹でます。この時間はあくまでも目安です。お好みに合わせて調節して下さい。温かいうどんの場合は時間を少し短めにした方がいいでしょう。
4)茹で上がった麺を鍋から引き上げ、水をはったボウルの中でもみ洗いします。これはうどんのぬめりを取る為なので、温かいうどんの場合でも一度水でもみ洗いしてください。
5)<温かいうどんの場合>
さらに熱湯をくぐらせます。茹で湯ではなく、新しいお湯の方が良いでしょう。
<冷たいうどんの場合>
新しく氷をはった水でさらすと、麺が引き締まってより一層美味しいです。

茹で時間はもちろんそうですが、茹で上がったあとのもみ洗いでも随分美味しさが違います。いちいちお湯や水を変えるのは面倒かと思いますが、これをやるとグンと美味しくなりますよ!

是非一度お試しアレ。
・・・でもなかなかお店の味を家庭でも出すのは難しいのよねぇ・・・と思ったのなら、いつでもうたた寝に来てくださーい。
そうですとも、そう簡単にご家庭でうたた寝と同じ味が出されてしまっては大変ですもの。店内うどんも、お土産うどんも同様に宜しくお願いします!!
posted by スタッフSAYO at 00:42| Comment(0) | 讃岐うどんの茹で方